前へ
次へ

不要なものほど愛着があって捨てられない

すでに使わなくなって久しい健康器具やマッサージチェア、聞かなくなったCDなどは処分しないといつまでも残ってしまいます。
大きなものは場所をとりますし、家もさほど広いわけではないので、一念発起して断捨離をすることに決めました。
しかし、不要なものほど愛着があり、なかなか捨てられないこともわかりました。
特に思い出がしみついた筆箱やスマホケースなど、とっくの昔にいらなくなったものほどそれにまつわる思い出が邪魔をして処分できないわけです。
これを断ち切るため、私は全部を袋に入れ、外から見えないようにしてリサイクルショップにもっていきました。
買取の価格は標準でしたが、いままで捨てたくても捨てられなかったものを納得いく形で処分できてよかったです。
どの家にもいらないものの一つやふたつは必ずあり、それを処分するためにさまざまな手段を考えるのは普通です。
私の場合はかなりの決意を要しましたが、リサイクル店で見切りをつけられたのは幸せでした。

Page Top